妊婦の体のマイナートラブル【体験談②】

体験談①でも色々な変化をお伝えしましたが

今日もEmamaが体験したマイナートラブルを少しずつお伝えします。

 

小さなことですが、知っていれば怖くない!

同じトラブル仲間がいれば安心、という方が居れば幸いです^^;

 

目次

 

 

 

動悸・息切れ

おばあちゃんか!と思いましたが、

階段を上り下りするだけですぐ疲れたり

いつもの家事をしていても息が切れたりすることがあります。

 

お腹が大きくなったら早く歩けなくなるだろうなーと思っていましたが

息切れしてしまわないように、早い段階でゆっくり歩きになりました;

 

体をめぐる血液量が増えて、心臓への負担が増えるため、と言われています。

無理をせず自分のペースで行動し

旦那さんや友人にはそういうものなんだと伝えて、ゆったり動きましょう。

 

体温が高くなり、汗っかきになる

エアコンのCMで「暑がりー!」「寒がりー!」とリモコンをとりあう光景がありますが

我が家で当てはめれば、旦那が暑がりさん、私が寒がりさんでした。

しかし妊娠をしてから、新陳代謝が活発になることもあり立場が逆転!

汗もかきやすくなって、服装もおかしいねーと言われましたw

 

いつも通りじゃないと調子が狂いますが、

これも事前に汗っかきになるかもしれない事を伝え、

傷つけるようなことは言われないよう先に防御しておきましょう。

 

味覚の変化

妊娠中は酸っぱいものが食べたくなる!と、有名ですが

Emamaはそんなことはありませんでした。

しかし辛いものが苦手だったのに、むしろ食べたくなったり。

スポーツドリンクが好きだったんですが、甘ったるさが気持ち悪くてダメに…

現在ミネラルウォーターを買って飲んでます

  (ケチなので、水にお金を払うなんてあり得ないと思っていたのにw)

 

このように酸っぱさ限定ではなく、しょっぱさなど色々な味覚が変わったり

または感じなくなる方が居るようです。

原因はまだまだ謎が多いようですが

ホルモンの変化で知覚も変わるようです。

 

 

 

あまりマイナスに捉えずに、

新しいものが食べられるようになった!と前向きにいきたいものです。

ただし!! 明らかに濃い味のものを食べているのに味を感じない場合は

味覚障害の可能性もあるのでDrに相談することをオススメします。