出産当日、そして母になる

前回の続き、入院2日目

朝になったし今後の方針を決めるべく、診察するので旦那さんを呼んで下さいーとのこと。

ついに出産するのかな??と思った、入院二日目の始まり始まり。

 

目次

 

 

 

何も起こらないので陣痛促進剤投与

朝ご飯食べてから8:30に診察と言うことで、旦那は時刻通りに到着。

ただ先生が忙しいのか、集合のモニター室に来ないので(暇なので)旦那にモニターの見方をレクチャー。

助産師さんからの情報そのままだけど(笑)

「この波が大きいとお腹が張っててー、

ここに線があると赤ちゃんが起きてるんだってー(*´∀`)」

 

そのうち先生到着。子宮口はこの時点で4cm。

Dr「まだまだだけど、昨日から破水していて感染のリスクがあるから24時間以内に産んでしまいたいですね」

と、 陣痛促進剤を勧められて承諾することに。

 

促進剤とは陣痛が来る時に母体から出るホルモンが主成分のものらしい。

そのホルモン出てるんだから陣痛来なきゃ!って体に思わせるってこと…

まぁ合理的ですけど、体質によっては効かない人も居るらしい。

 

促進剤を入れる=促進剤止めるまでモニター室でベビーを監視され続けます。

効果が強く出過ぎて、母体やベビーに何かあっては一大事ですからね(*´・ω・`)

 

診察終わってから部屋に戻る気だった私は何も持っておらず、

旦那に飲み物やスマホを取ってきてもらうことに。

…皆さんは、出産前は飲み物を携帯することをおすすめします。

ホント何起こるか分かんないですからね。

 

 

薬入れたばっかりだし、病院の面会時間じゃないから

部外者感で気まずそうだし、旦那に一度家に帰ってもらうことに(^_^)/~~

次に旦那に会うのは面会の14時か、もうちょっとお腹痛くなって呼んだらかなぁ(^^)??

 

私がされた促進剤は点滴タイプのもの。

人生で2回くらいしか点滴したことないんですが、それでも分かる!

針が太い!(T-T)

 

でもこんな痛み、陣痛来たら忘れちゃったよ…

 

ついに来た!陣痛!!

モニターの確認に助産師さん登場。 旦那が帰ったことに驚かれてしまいます…

 

助産師「え?もう薬入れてるし、今日は

旦那さんずっと居ても大丈夫ですよ??(゜ロ゜;」

私「それってお産当日だけじゃないんですか??

まぁ家から自転車で5分くらいですから、痛くなったら呼びますよー(*´-`)」

助産師「そう、ですか…(;´_ゝ`)」

 

そう、この時の私は 何が起きるか分かってなかったのです…。

 

会話後、助産師さんがモニターの機械を確認していると

 

ドンッ!!

 

腹部を蹴られたような衝撃が!!

 

直後陣痛と呼べるであろう痛みが…

いつもの生理の10倍の強さで、子宮がぐぐっと痛い!!(;Д;)

 

さすがにヤバいと気付き旦那を呼ぶ。

助産師さんにその場で確認してもらうと

低位破水(下の方で破水)してるので、羊水が大量に出たとのこと。

 

うん、なんとなく分かったよ。

とにかく生まれる時間が近いのね…

もう少し、もう少しの辛抱だ。

 

めまぐるしく進むお産!モニター室でいきみ逃し

汗だくで駆けつけた旦那。

私を見て緊急事態を察したようで…

いきみ逃しがうまく出来るように、 助産師さんの見よう見まねで

ゴルフボール&背中さすさすをしてくれました。

助産師さんよりダメ!効かない!って雑誌では読んでたけど、

両親学級の成果か旦那のは効きました…。ありがたや!!

立ち会い出産考えてる方は、旦那さんを教育しておくと強い味方に!

男の力でも強めでね(^^)d!!

 

「押方いいね!」なんて言う余裕もなく、

むしろ「今押して!今!」と口を動かすのも辛くて…

たまたま家のカギに付いてた鈴のお守り、これを鳴らしたらゴルフボール&さすさすしてもらうことに。

(止めて良いときは手をあげるルール。即席)

止めてもらうときも、同時にじゃなくてどちらか片方先にが良い!!

私の場合はボールを先に止める感じにしました。

 

モニターの見方を先に教えといて良かった…

モニターをみて、後の手をやめてたみたい。

私もそのくらいなら大丈夫だったし、旦那が疲れすぎてフォローできなくなられても困ったし、これで充分でした。

 

帰ってもらっといてなんだけど、旦那来れてよかったー( ノД`)

一人でいきみ逃せないよー出ちゃうよー。

 

 

 

 

ついに、分娩室に移動!いきみ解禁

本来ならお昼ご飯の時間に、子宮口が9cmになっていました。

吐き気もあったので分娩室へ私と助産師さんが行って、旦那に私の分のお昼をあげることに。

一言断られたけど、いや、食べる余裕なんかないし!!

飲み込めないよ!口開けないよー!

 

旦那が食べ終わり分娩室に来た時には子宮口が10cmになり、

ついにいきみ解禁!!

促進剤を使ったとは言え、順調すぎます、とまた助産師さんを驚かせることに…。

確かに促進剤入れてから分娩台上がるまで4時間くらい??

私も旦那を帰したくらいだからね、そんなに早いと思ってなかったですから!( ノД`)

 

ベビーには失礼だけど、固いお通じを出すイメージでいきむ。むむむ。

テレビとかのイメージか分娩台で上を向いていきんだものの

赤ちゃんがあまり降りて来ないとのことで途中で横向きにされる。

あぁ横を向いてもいいのね(・д・)!

そんな柔らかい発想なかったよ…

確かに横の方が痛くないし、お産が進んだ。

でもまぁ、両足パカーの状態でどう力入れるのか、沢山練習できて良かったかな…。

 

いきみたくなる(陣痛くる)まで深呼吸

きてるぞーってなったら

吐いてーー吸ってーー息を止めて踏ん張る

旦那の右手で頭を押さえてもらって、私はお腹を見ながら踏ん張る

旦那の左手はバーを掴んでる手の上に。これ、かなり安心しました。戦ってるのは一人じゃないぞって感覚。

息を止めてるのが長くて苦しかったら、もう一度吸い直して、

吐いてーー吸ってーー更に踏ん張る

そのうち陣痛がひくので「いきみたくなるまで深呼吸」にループ

 

助産師さん「長丁場だから、陣痛ないとき力を抜いてねー」

踏ん張り終わった時、力を抜く余裕も時々なくなるので、

旦那に私の手をバーから剥がしてもらうほど…

ループは続くし、間隔は短くなってくる…。

 

朦朧とした意識の中で、旦那が聞いてしまった

「ここから出産までどのくらい時間かかるのか」

助産師さん「普通は2時間は…

 

こ、この無限ループが後2時間…(つд;*)!!?

心折れそう… でも私は凄い順調って言ってたし

旦那もループに付き合ってくれてるし

何より、陣痛がくる度にベビーも痛いのかな?頑張ってるのかな?と思うと …

やるしかないo(T□T)o

 

時計を見るとまた心が折れそうだから

見ずにループ再開。

ここで隣の分娩台にループに加わる人が来た

「痛いー!あぁ痛いぃー!!」と陣痛の度かな?声が聞こえてくる…

人それぞれだけどさ、私は言葉にするほど余裕はない!(・・;)

お通じの時に「ふっ!」って息を止めるような、そんなことしか出来ませんよ…

でも声だした方が気が紛れる人はいいのかも。

『周りに気を使ってるうちは生まれない』って言うし、

皆さん自分の思いも思いのスタイルで生んでくださいね!!

 

吸引分娩に移行。そして母になる

隣の人が先に生まれるため、旦那さん一度分娩室から出されます。

 

なんで?!Σ(゜Д゜)

隣だから関係なくない?!!

この間に生まれたらどうすんだ!! と思ったけど、

ベビーが大きいため最後がなかなかうまくいかず…

やっとここで朝の診察ぶりにDr登場ーー(遅)

 

Dr「子宮口も開いてる、赤ちゃんも降りてるけど、

大きいしこのままじゃ赤ちゃんが苦しいから少し手伝いますよ」

 

一体何をされるんだろうと思ったけど、

ベビー辛いの嫌だし、私ももう辛いし…

私「分かり…まし、た…」

 

承諾出たら現場の動きは早い早い(笑)

助産師さんも二人増えて計4人。

場所がないのか旦那少しどかされる(笑)

Dr「最後だから目一杯力出してーー!!」

 

二人でお腹をタオルの様なもので両側から押す!

一人は大きなナプキンのようなものを広げ、ベビーを取り上げる準備!

Drは会陰切開し、ベビーを引っ張る!!

 

引っ張る!!いきむ!!

 

 

 

助産師「はい、もういきまないでー 浅く息してー」

え?

ってことは、もう頭出てるの??(・・、)

 

ゥンギャアーー!

 

あ、

生まれたんだ(・・、)

本当に私が出産出来たんだ。

元気で生まれてくれて、良かったぁ……

 

 


 

無事に3,500g超えの、元気な男の子の母になったのは

15:30をまわっていました。

前日の破水から本当に24時間以内に生まれてしまった…凄いなぁ。


カンガルーケアと言って、生まれてからすぐ私の胸の上にベビーを乗せてもらえました。

でも切開部分を縫ったり、後産の処置があるので短めに、

ベビーと旦那は一緒に体重などをはかりに離れることに。

 

私は嬉しいけど疲れきってて、切開部分からの出血もあり貧血を起こし、

その後3時間は分娩台から立ち上がれませんでした。

顔白いし、身動き取らないし、助産師さんに真剣に心配されたほど…

や、心は元気ですよ??

感動に浸らせてもらいました(つ∀`)

 

そして後で聞いた話、実は吸引分娩もされてたようで、ベビーの頭に頭血腫と言うタンコブが出来てました。

手伝うってそれなのね。

保険下りるからいいけどさ(^^;)))

 

 

 

第一喚問を突破したEmama。

出産をゴールのようにも感じたけど、ここからが育児のスタート!!

まだ色々な未知なることが広がっているのでした…。